電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 肉秘書・友紀子 4巻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年02月13日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数99
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

今年も一年が終わる。
一年を振り返ると毎日のようにHをしていたことに気づく友紀子。
さまざまな調教を思い出して思わずお風呂で自慰行為に没頭してしまう。

そのまま年越ししてしまった翌朝、新年の挨拶に社長の別宅を訪れた友紀子。
だが、そこには社長の愛人が!
社長は友紀子に愛人とのHを見せつけるが、最後は友紀子にぶっかけてフィニッシュ。
愛人はその様子を見て、社長から寵愛を受けていると友紀子に嫉妬をし、
見せつけるように友紀子の上にまたがってバックで挿入してもらう。

激しく情欲をむさぼる行為を見ていた友紀子は、ついに耐えきれずおねだりをしてしまう。
自慢の肉壷でイったばかりのモノを大きくして快感をむさぼる友紀子に、
社長は仕事始めの日まで泊り込んでいくように命ずるのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ043128
ファイル名/ファイル容量
BJ043128.zip / 46.85MB (49128199Byte)

肉秘書・友紀子 4巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「肉秘書・友紀子 4巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件