電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第25話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月23日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

愛情は憎しみに、肉欲は熱情に、希望は絶望に――。
複雑に絡み合う人間模様、歪んだ運命の波に飲み込まれ、物語はついに佳境へ!

調教プラン計画進行の報告会として、会議室に集結した仲谷氏率いる工藤、熊沢、隆明ら。
それぞれに不敵な笑みを浮かべつつ、工藤の進行の下、それは始まった。

「あぁ~~っ…お願いっ助けて…っ! もう…ダッメェエ! イカせてぇええ!!」

大画面に映し出されたのは、両足を無理やり拡げられ、
肉壺と肛菊にバイブをあてがわれた、隆明の妻・ひとみの姿だった。
けたたましくサイレンのような嬌声を発しながら、身悶えするひとみ。
画面の中でひとみを蹂躙する男たちは、決して彼女に絶頂を与えようとはせず、
醜悪に性感帯を嬲り続けながらも、あと一歩と言うところで刺激を遠ざけてしまう。

「イヤぁ~~っ…どうしてっ!? やめないでっ! 続けてっ――!! 最後までしてください――!!」

バイブ、蝋燭、針…ありとあらゆる物で、肉体的にも精神的にも追い込まれて行き、
それでも得られない絶頂への羨望が、ひとみの思考回路をシャットアウトさせる。
妻が肉欲に溺れ、夫以外の肉棒を懇願する時――夫・隆明は何を思うのか……?

名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!
めくるめく重厚な官能ドラマ第25話!!

「マガジンサイベリア Vol.066(BJ042917)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042923
ファイル名/ファイル容量
BJ042923.zip / 15.79MB (16560182Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.066(BJ042917)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第25話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件