({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年08月23日
シリーズ名アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数30
ジャンル
ファイル容量
16.62MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

毎日その身を襲う強制絶頂――。
1年という歳月をかけて調教されたまじめ美少女・藤浦ヒナタ。
春休みに突入するも、ヒナタのカラダには遠隔操作による快感が休みなく襲来する。
そして、快楽を植え付けられたヒナタに予期せぬ事態が――!?

生徒会の引き継ぎのため、電車に乗り込みひとり登校するヒナタ。
適度に混みあった車中で、若い女性に痴漢する男を発見し、
イヤらしいことが大嫌いなヒナタは、男を捕らえるべくその腕を掴んだのだが…。

「うそっ…! 発作が…! こんな時に…、こんな痴漢の目の前で感じてたりしたら…!」

痴漢男を捕らえたと思われたその瞬間に、ヒナタのカラダに這いずる無数の指の感覚。
この1年、ヒナタを悩ませ続けた、強制絶頂のこの「発作」が、
よりによって痴漢を目の前にしたヒナタを襲った――!
敏感な部分を執拗に責める感覚に、ヒナタは思わず声をもらしてしまう。

「ダメ…! 発作が一度起きたらイクまでは収まらない…このままじゃ、この痴漢の前で…!」

制御できない強制操作の魔の手、卑劣な痴漢男からのダイレクトな快感、
電車内で声を押し殺し、同時に押し寄せる快楽地獄にヒナタは耐えることができるのか!?

超絶まじめ美少女を襲う長期間調教の悪夢――。
帝王・クリムゾンが放つ、エキセントリックエロス、ヒナタ編第4話!

「マガジンサイベリア Vol.066(BJ042917)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.066(BJ042917)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【第4話】快感に満ちた女体は見知らぬ男に収穫される」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件