電子書籍 > 文苑堂 > 微熱Summer

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年09月13日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル

作品内容

祭り囃子が鳴り響く中、主人公の琴佳は、その汗だくの体を浴衣につつみ、千鳥足で祭り客の雑踏の中にいた。
股間からは密やかなローター音、汗は熱帯夜のせいばかりではなかった。

数日前――。クラスメイトと夏祭りに行くかどうかで盛り上がる琴佳だが、
前日の中間テストが仇となり、皆は一気に冷めてお見送りのトーンに。
そんな中、琴佳の片思い相手である野崎くんが、彼女に「お祭りいかないの?」と尋ねると、
琴佳は何かを期待するように、野崎くんは?と切り返す。
すると彼は残念そうに、皆が行かないのならと欠航を示唆。

琴佳は、ガックリとうなだれたまま夏祭り当日を迎えるが、野崎くんへの想いがつのってか、
勉強もそこそこ、指を自分の秘部に這わせて自慰に耽る。
さらには引き出しからローターを取り出すと、これも息抜きと下着と股間の間に挟みこみ、
来るはずのない野崎くんを思いながら、夏祭りに繰り出すのだった。

「COMICエウロパ 2014年9月号(BJ042889)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042892
ファイル名/ファイル容量
BJ042892.zip / 20.17MB
注意事項
「COMICエウロパ 2014年9月号(BJ042889)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「微熱Summer」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件