({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 エレオノーラ
出版社名 KATTSフォローする
レーベル KATTS
販売日 2014年09月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数70
ジャンル
ファイル容量
23.76MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

昨日の帰り道で不思議な店を見つけたこと、その店で透明薬を買ったことをまどかへ話す弘樹。
まどかはその不思議な店や薬の話を楽しそうに聞いています。
調子に乗った弘樹はまどかの目の前で薬のビンから錠剤を一粒取り出し飲み込みます。
そんな怪しげな薬を飲み込んだ弘樹に驚き心配するまどか。
戸惑うまどかですが、初めて体験する不思議な出来事にテンションが上がった弘樹は
後ろからまどかに抱きつきまどかの胸を触りはじめると、まどかもまんざらでも無い様子。

これまで、公共の場でそのような行為をすることは無かった二人はいつもとは違った興奮を憶えます。
行為はエスカレートしていき、最終的には学校の屋上でエッチしてしまいました。
座り込んだ二人は息を切らせながら、これまでとは違った興奮に胸を躍らせます。
そして、弘樹はまどかへ透明薬を使って今度からは公共の場で
薬を使ってエッチしてみないかと持ちかけてみるのですが……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「服を捨てて街を歩こう!~透明薬で第一歩~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件