({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年07月19日
シリーズ名社畜女子株式会社
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル
ファイル容量
9MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

地下室から聞こえる、新入社員たちの淫らな叫び――。
研修と称して行われてきた淫行強要の実態を知ってしまった社員・優木は、
彼女たちの研修をやめさせようと、女主任・中田の元へと訪れたのだが…。

「あッ何を…!? やめてくださいっ中田主任ッ!」

手を縛られ、自由を奪われた優木に強引に迫る中田主任。
優木の唇にいやらしく舌を絡め、窮屈になったズボンのファスナーを下ろし、
ビクビクと脈打つ男根をおもむろに口に含む。

「ふふ…もう先がヌルヌルになってるウッ! んんっ…」

荒い鼻息と、唾液の絡む水音が、混乱する優木の神経をより敏感にする。
快感に耐えようとする優木だったが、卓越した中田主任の舌技に、
いきり勃った男根は、やがて絶頂を迎え熱いしぶきをあげてしまう。

「今度は私を気持ち良くするの、わかった?」

ドSモード全開で艶やかに迫る中田主任に、
翻弄されていく優木は次第にその快感を求めてしまい――!?

純真でフレッシュな女子新入社員たちを次々と襲うインモラルな社畜教育!
実力派クリエイタ―・尾山泰永が放つ、OL強制淫姦第4話!

「マガジンサイベリア Vol.065(BJ041724)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.065(BJ041724)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「社畜女子株式会社【第4話】女上司の淫行命令」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件