電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第24話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月19日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

復讐・憎悪・愛欲…重なり合う様々な人間模様が遂げる運命――。
ますます加速していく、肉欲への苛辣な困窮!

数え切れないほどの男たちに汚され続けて来た人妻・ひとみ。
憎むべき男たちによって植え付けられた欲望への疼き…。
潤いと渇きを知ったひとみの肉体には、自分でもコントロールができないほどの
情欲に溺れた「牝」が宿っていた!

「い嫌ぁああ――! お願いっ…やめさせてっ! ああっ駄目、許してぇ!!」

工藤によって連れられてきた男たちが一斉にひとみに群がる。
下着を剥ぎ取られ、体中を貪られる感覚に、
望むわけでなくとも、ひとみの体は歓んでしまう。
痛みを帯びるほどに勃起してしまう乳首と、ナカにねじ込まれた指に絡む愛液が、
快楽に痺れるひとみ自身を、ますます欲望の渦へと鎮めてゆく――。

名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!
めくるめく重厚な官能ドラマ第24話!!

「マガジンサイベリア Vol.065(BJ041724)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ041730
ファイル名/ファイル容量
BJ041730.zip / 17.25MB (18088588Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.065(BJ041724)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第24話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件