電子書籍 > 海王社 > 隷嬢未亡人 真理子【最終話】終わりなき祭典

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数26
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

人妻・真理子とその甥・幸彦を襲う最大の危機。
肉欲の連鎖、邪淫に染まったふたりの運命は今衝撃の結末を迎える――!

忌まわしい奇祭の供物とされ、村人たちの慰み者となった真理子と幸彦。
想像も絶する数多の凌辱行為に、ふたりは意識を保つのが精一杯であったが、
突如として発生した火事にまぎれ、村からの脱出を図る。

すべてを忘れるため、真理子と幸彦は誰も知らない街で、
ふたりだけの生活を始めることになるのだが……。

「やっああ~~ジラさないれェ――! 疼くゥー腹ボテマ○コに突っ込ん…へぁ――!!」

全てのしがらみを捨て、ふたりだけの人生を歩むと決めた真理子と幸彦は、
夫婦同然の暮らしをし、「ふたりだけ」の爛れた行為に没頭する。

「あっ…ぎゅううぅ~~イっ…イィイ~~げちゅ穴妊娠ずるゥ~~……」

幸彦の子どもを身籠りながらも、熾烈なほどの肉欲に溺れ、激しい責めを自ら望んでしまう真理子。
また幸彦も、快感と陶酔の中で真理子を激しく抱き続けるのだが……。

ついにクライマックス!
巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描く長編官能ドラマ――絶望と絶頂の最終話。

「マガジンサイベリア Vol.065(BJ041724)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ041726
ファイル名/ファイル容量
BJ041726.zip / 20.03MB (21006420Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.065(BJ041724)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「隷嬢未亡人 真理子【最終話】終わりなき祭典」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件