電子書籍 > 海王社 > アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【第3話】理性崩壊寸前…! 1日10回の強制絶頂

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年07月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数32
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

エッチな事が大キライなまじめ美少女・ヒナタは、
毎日必ず自分の身に訪れる強制絶頂の「発作」に翻弄され続けていた。
全校生徒が集う場で、悪魔のスマホによりまたもや激しい快感を覚えるヒナタだったが…?

「ガマンできない…今日はなんだか…いつもよりも感じるッ!」

感度を通常の10倍にされ、目には見えない無数の手にカラダ中を弄られているような感覚。
1年という歳月をかけて、その快感を身に染み込ませられてきたヒナタには、
声を押し殺すのがやっとの状態で、ひたすら耐え忍ぶしか術がなかった…。

「ダメッ! 早く発作が治まって…このままじゃみんなの前で……!」

擬似挿入の衝撃により、押し殺していた声が漏れ、周囲の視線が集まる。
それでも、ヒナタのカラダを容赦なく責め続け、
ヒナタの秘部に激しく出し入れされるソレの感覚は熱さを増すばかり。
果たして、1年かけて開発されたカラダは、このまま全校生徒の前で絶頂を迎えてしまうのか――!?

超絶まじめ美少女を襲う長期間調教の悪夢――。
帝王・クリムゾンが放つ、エキセントリックエロス、ヒナタ編第3話!

「マガジンサイベリア Vol.065(BJ041724)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ041725
ファイル名/ファイル容量
BJ041725.zip / 18.74MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.065(BJ041724)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【第3話】理性崩壊寸前…! 1日10回の強制絶頂」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ほどばしるエロス

2014年08月02日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

クリムゾン安定の堕ち具合が最高です。度重なる調教で気づけばド淫乱になっているヒナタが自分の意思とは関係なしに感じている描写が秀逸です。
主人公のゲス具合も変わらずで見ていて逆にスカッとしますw,
シリーズを追ってる人はもちろんそうでない人は1話から読んでもらいたいです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]