({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

女の身でありながら、皆に認められる騎士を目指すエルザ=リードヴィッヒは、
皇帝主催の剣術大会で優勝し、ついに帝国最高位の『白銀聖騎士』にまで上り詰める。
その功績を、大好きな父セレブロナと家族同然の家臣、
そして密かに想いを寄せる剣の師ガロードに祝福され、エルザは幸せに包まれていた。
しかし、悲劇は突然訪れる。祝勝会の夜、ガロードが父を殺し逃走。
家主の不名誉な死により、リードヴィッヒ家は取り潰しの危機に瀕する。
父の汚名を雪ぎ、家を再興するため、敵討ちを決意するエルザであったが、
ガロードの行方を探る資金を稼ぐには、娼婦に堕ちるほかに道はなく……。

“復讐のため”と自身に言い聞かせ、屈辱に耐えて色を売る娼婦エルザ。
忌避していた貴族に処女を奪われ、慕っていた老騎士から裏切りのフェラを強要される。
更に貴族に買い上げられると、口内に精子を含んだまま式典へ参加を強いられる恥辱を。
またある日は、性玩具のごとく使い遊ばれる陵辱を味わわされてしまう。

それでも、エルザは復讐の誓いを支えに白濁塗れの日々を耐え切り、相応の大金を得る。
だが、少女の身体を男臭に染めて集めた金子も、敵の居場所を突き止めるには足りず。
まもなく路銀も尽き、怪我を負い行き倒れたところを、娼館の女主人に拾われる。

治療代を返すため、二の町の置き屋で再び売女となることを余儀なくされたエルザ。
局部だけを申し訳程度に隠す踊り子の衣装を纏い、牡を誘う淫舞を披露して買い手を募る。
そんな売春オークションが、ここで彼女に課せられた仕事であった。
毎夜、己を競り落とした男に肉奉仕をし、牡汁のお礼をいただく地獄さながらの生活。
やがてエルザは禁制の媚薬を仰ぎ、肉悦に溺れる現実逃避を始めるが、
それは更なる淫獄への片道切符であった……。

果たして堕ちた少女騎士は淫獄から抜け出せるのか?
そして師を斬り伏せ、復讐を成し遂げられるのか?
エルザが絶望の果てに辿り着く結末をお確かめください。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「女騎士エルザの復讐 終わりのない娼婦淫獄」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件