電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 悪魔の質問

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

コミックアンリアルで大人気のホラーエロスシリーズが大幅加筆と描きおろしを加えてついに登場!
オカルト好きの女子校生達に噂の『悪魔の質問』。
本物の魔法使いが開催するそのクイズ番組に参加し、
見事クリアできた者はどんな願いも叶えてもらえるという。
だがその実態は、欲望に駆られて参加した少女達を超常的な罰ゲームが襲う悪趣味な悪魔の宴だった。
クイズに間違えると催眠オナニー強制&触手責め、ふたなり化され制限時間内に連続射精、
行動当てクイズと称してのMC集団奉仕輪姦、
膨乳&肥満化肉体改造、女性化されての巨大ペニス責め、
上下半身を分離されての肉オナホ化、カードゲームで獣っ娘コスプレニプルファック、
ユルの校舎で透明人間との鬼ごっこ、ふたなりアイドル達のバトルファック etc……
趣向を凝らした悪魔の宴は続く――。

電子書籍版付録デジタルポスターもあります!

■カラー漫画
『本番!時間前』

■COMIC
悪魔の質問
『第一夜』~『最終夜』
『第後夜』(描きおろし)

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040088
ファイル名/ファイル容量
BJ040088.zip / 90.17MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「悪魔の質問」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ふたなり(2) 変態(2) 羞恥(2) 恥辱(2)

おすすめ!人体改造、肉体改造が好きな方へ

2017年06月26日  

このレビューは参考になった×0人

ここまでの改造ものを、これほどのストーリーとボリュームで味わえる作品はそうは無いと思います。とにかく奇想天外なエロが詰まっていますので、何となく他の作品に飽きてきた人にお勧めします。
ただ、肉体改造系が苦手な人は控えた方がいいかもしれません。新しい扉が開くかもしれませんが。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

肉体改造のオンパレード

2014年07月01日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

願いをかなえるゲームで不正解になったり、失格になると罰ゲームとしてエロいことをされるというファンタジーな要素も満載な作品です!

この作品の特徴としてふたなりにされたり、爆乳にされて犯されるパターンが多いというところですね。肉体改造されてエロい身体になったヒロインたちが犯されてアへ顔さらしながらイキまくりです!!

ふたなり、爆乳、催眠等のジャンルが好きな人にはおススメです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

こんなにいやらしくてイイんです

2014年06月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

それぞれの章でコンプレックスや悩みを抱えている子が自分の夢を叶えようとどんな事をされようと挑むエロクイズショーは健気で面白いです。ただ感じるのではなく羞恥に耐え、勝とうと努力する姿と結局アヘ顔をさらしてしまうギャップがたまりません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]