電子書籍 > 海王社 > 淫虐の王国オージェ 白濁戦姫エレアノール【第8話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年06月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

洗脳蟲により、潜在意識を操作され、生殖豚のオークたちとまで
交わり続けた女戦士・エレアノール。
記憶を取り戻し、理性を保とうとするエレアノールは、悪鬼軍団の基地へと連れ去られた。

「イッた…イッってしまった…お尻をムチで打たれてイッてしまうなんて…」

徹底的に情欲への快感を植え付けられてしまったエレアノールは、
すでに絶頂を自制することすらできなくなっていた。
そんなエレアノールをあざ笑うかの如く、
発情したオークたちは下賤な言葉を浴びせ、
邪悪に黒光りした男根をエレアノールの中にねじ込んでゆく――。
マゾヒストとして、調教を繰り返されたエレアノールの体では、
憎しみをも快楽への材料となり変わり、その身は淫らに麻痺を繰り返す。

次々とオークの肉棒を受け入れ、穴という穴全てに、汚れた子種を注ぎ込まれる。
すでにその臭いですら、エレアノールには興奮剤になり、
肉壺をひとかきされる度に、絶頂を迎えるまでになっていた……。

催淫、調教……鋼鉄の軍女が快楽の渦に沈む!
淫靡な凌辱に抗えないエレアノールの運命や如何に?
エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが描く注目の第8話!

「マガジンサイベリア Vol.064(BJ040028)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040036
ファイル名/ファイル容量
BJ040036.zip / 15.48MB (16230290Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.064(BJ040028)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫虐の王国オージェ 白濁戦姫エレアノール【第8話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件