電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第23話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年06月21日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

悲劇は快楽の末路へ――。
決して終わらない復讐の輪廻は更に膨張してゆく!

帝都銀行支店長の青山の面前で、妻である由起江の凌辱ショーが繰り広げられる。
妻・ひとみを辱められた嫉妬や怒りで、復讐の鬼と化した隆明は、
次々と鬼畜な行為に及び、その度に由起江は、絶叫に近い嬌声を上げた。

「ふひぃ―――ッダメェエ――ッ夫の前でっっ…ケツ穴穿らないでへぇ――っ!」

調教師・市の手によって、既に由起江は全身を性感帯へと変えられ、
苦痛も痛みも、絶頂への誘いにしか感じられなくなっていた。
わずかながらに自我を保ち、夫に見られたくないと懇願する由起江だったが…。

肉欲に溺れた女たちが繋ぐ、漆黒の未来への扉とは……?
名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!
めくるめく重厚な官能ドラマ第23話!!

「マガジンサイベリア Vol.064(BJ040028)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040035
ファイル名/ファイル容量
BJ040035.zip / 17.41MB (18250634Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.064(BJ040028)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第23話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件