電子書籍 > 海王社 > えろまん娘4【後編】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年05月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

脱稿後のご褒美セックスだったのに不甲斐なく瞬殺で果てた翌朝、
をかのが目が覚ますとベッドには美しく微笑む汁まみれのひとみがいた!

真に迫るエロ漫画を先生に描いてもらうため、
そして昨夜お預けされた女を満たしてもらうため、
ひとみは自らアソコを拡げて誘導し、
本物を知るためのセックスを指南するのであった。

「そ…そ…ぅ、てまえのふやけたとこ…ソ、ソコ!
 ソコをやさし…く! あふぅうぅッ! す…スゴ!!」

ひとみの指示通り激しく動くセックスを封印し、
圧にまかせて局部が膣に呑み込まれるまで待ち、
急所を擦るようにゆっくりと動く…
持って生まれた性の才を遺憾なく発揮しひとみのカラダを悶えさせ、
先にイッてはいけないと必死に抗うひとみをイカせてしまったをかの。

そしてひとみはえろまん娘冥利を感じるのであった…。

鬼才・おかのはじめの描く濃厚肉蜜描写溢れる姉ショタ超絶エロス!!
絶頂の第4話、後編!

「マガジンサイベリア Vol.063(BJ039020)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ039027
ファイル名/ファイル容量
BJ039027.zip / 8.57MB (8982559Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.063(BJ039020)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「えろまん娘4【後編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件