電子書籍 > 松文館 > 催眠裏アプリ ~絶対にヤレない姉・妹が、深夜ヤラレにやってくる~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 一ノ瀬つづき(画) / UROBOROS(作)
出版社名 松文館フォローする
レーベル 禁断ハーレム
販売日 2014年05月07日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数44
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「ああ…し、信じられない…姉さんが…自分から口で僕のモノを…!」
見た人間の深層心理に命令を刷り込み、自分の思うように行動させる
――そんな【裏アプリ】の存在を知った大学生・伸一は、
さっそく憧れの姉・香織にそのアプリを使ってみることに…。
ある夜、酔って帰ってきて着替えもしないで寝てしまった香織。
伸一は我慢できずに寝ている香織の胸を揉み、脚を開かせ、
ストッキングの上から股間に顔を押し付け舌で舐め廻す…
そのまま勢いで寝ている姉の口に自分のものを押し込む――と、
寝ているはずの香織が自分から伸一のモノに舌をからめてしゃぶり始めて…!(フルカラー作品)

作品情報/動作環境

作品番号
BJ038661
ファイル名/ファイル容量
BJ038661.zip / 18.37MB (19259354Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「催眠裏アプリ ~絶対にヤレない姉・妹が、深夜ヤラレにやってくる~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件