({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 アパタイト
出版社名 KATTSフォローする
レーベル KATTS
販売日 2014年08月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数62
ジャンル
ファイル容量
11.52MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

兄貴は――俺とよく似ていた。 顔が似ていたかどうかは自分ではよく分からない。
ただ、性格は似ていたと自覚している。
「これからどうすんだよ……兄貴のばーか」
兄貴が死んだ。 交通事故だったらしい。悠花…、 俺の幼なじみで、兄貴の嫁。
そして、好きだった女性。作り笑いを見せる悠花。
「順平……帰って来てくれたんだね……ありがとう……」
今日からしばらくの間、ここの従業員として働くことに。

その夜、 仏壇の間から光が漏れているのが見えた。
「…………ん?」 片付けはもう終わったはずだけど……誰かいるのか? 
気になった俺は、ゆっくりとふすまに手をかけた。
そこには、喪服姿のまま畳に横たわる悠花の姿があった。
彼女の周りには空のおちょこが転がっている。どうやら酒に酔って眠ってしまったようだ。
寝ている悠花を抱き起こそうとすると――なんだ? 寝惚けてるのか?
「ん~……ねぇ、あなたぁ……私、寂しいの……ん……だからぁ……いつもみたいに……
寂しさ紛らわしてぇ……、私を……抱いてぇ……」
気づいたら俺は、抱きつかれ押し倒されていた―――。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「湯けむりの背徳交姦 ~幼なじみは、兄嫁で、若女将で、未亡人でした~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件