電子書籍 > 海王社 > えろまん娘4【前編】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年04月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

鬼畜成年漫画家をかの(♂)の女編集兼マネージャーひとみは
飼いならされて、すっかりえろまん娘になっていた!

作品のためとはいえ、いつも変態エロ行為ばかり強要されているひとみ。
でも、今日は自分からをかのをくわえ込む覚悟でいた。
だって、今日は特別、原稿があがった日だから。
先生にお疲れさまの意味を込めてせまり、
をかのも股間を無邪気に膨張させて大喜び!

今日は先生を悦ばせてあげたい、それなのに…
まだ挿入もしないうちにマッハで果てて寝入ってしまったをかの先生を前に
ひとみの満たされない性は暴走する。

「あ…ダメ…いけない、こんな事、これじゃ私完全に変態さんだ…」

をかの先生の精液をすくい取り、味わい…
をかの先生を思って自慰行為…。
ひとみのカラダはをかのとのSEXを求め、夜は更けていく…。

鬼才・おかのはじめの描く濃厚肉蜜描写溢れる姉ショタ超絶エロス!!

「マガジンサイベリア Vol.062(BJ037809)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037817
ファイル名/ファイル容量
BJ037817.zip / 8.97MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.062(BJ037809)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「えろまん娘4【前編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件