電子書籍 > 海王社 > 母子のすすめ > 母子のすすめ【第3話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年04月19日
シリーズ名母子のすすめ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

息子の通う学校に呼び出され、学園長の九条しのから「母子の会」への入会を勧められた天王寺のぞみ。
しかもその会の趣旨は「正しい母子相姦」の勧めという度肝を抜くものだった。
さすがに入会をためらうのぞみだったが、帰宅後、息子のオナニー現場を覗き見てしまう。
子○だとばかり思っていた我が子が握るペニスは、彼女の想像を超えて、
まさに肉棒と呼ぶにふさわしい立派な生殖器だった。
「息子の肉棒でオ○ンコを突かれたい……」彼女の中で膨らむ欲望。
のぞみは「母子の会」への入会を決意する。
そして、彼女同様、勧誘を受けた他2人の母親達も「禁断の誘い」に抗えず入会することになった。
発情した3人の母親達の前で、いよいよ「母子の会」の幕が開く……。

「マガジンサイベリア Vol.062(BJ037809)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037811
ファイル名/ファイル容量
BJ037811.zip / 9.88MB (10360043Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.062(BJ037809)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「母子のすすめ【第3話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件