電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > スポンジ娘あわわちゃん(1)【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年04月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数16
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ある朝目を覚ました青年の目の前に手のひらサイズの女の子あわわがいた。
彼女は自らを‘オナドール’と名乗ると、お風呂場へと彼を連れ出す。
湯を沸かし風呂桶に溜めた湯船に手のひらサイズのスク水少女が浸かると、
等身大のスク水少女になった。

あわわは性処理玩具の使命を果たすために男のペニスを頬張ると、
濃厚フェラで口内へと射精させる。
さらに射精をさせるために性器を広げて男を誘うも、男は小さい体への挿入をためらっていた。
再度湯船に漬かりムチプリ美女へと成長したあわわは、
ボディソープを用いたパイズリで射精させると、そのまま膣内出しをねだるのだった。

※著者単行本『スポンジ娘あわわちゃん』、『コミックアンリアルVol.28』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037729
ファイル名/ファイル容量
BJ037729.zip / 5.4MB (5663120Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「スポンジ娘あわわちゃん(1)【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件