電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 魔法少女は背徳の檻で 淫らなフェアリーテイル

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

不思議な雰囲気を持つ神乃木市に引っ越してきた美月は、
あるとき学園の理事長の娘である紗雪が怪物と戦う姿を見かける。
その姿はアニメに出てくるような魔法少女。
苦戦する彼女を助けたいと勇気を振り絞ったとき、
美月も魔法少女として変身を遂げた。
二人で街を守ろうとするも、力の均衡が崩れたことで
発情した肉体は疼き、オナニーを止められなくなる。
愛する人からの劣情にも呑まれた魔法少女の果ては……。

紫の魔法少女美月と、白の魔法少女紗雪。
人間界に出現する妖精フェイを討伐するため戦いを続けていた二人だが、
紗雪は、フェイによって理性を失ってしまった父・豪蔵、
そして美月は、姉である彼女を監視する弟・拓斗という
近親の禁じられた欲望に犯されてしまうことに。
異形の触手となった父親に肢体を捧げ、全身で奉仕すると共に
獣と化した弟相手に処女を散らし、その快感に嵌まる魔法少女。
性臭立ち込める空間で少女たちが見る希望は……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037082
ファイル名/ファイル容量
BJ037082.zip / 19.54MB (20487270Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法少女は背徳の檻で 淫らなフェアリーテイル」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

骨太の魔法少女もの×一点突破の近親相姦

2014年03月29日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

このレーベルでは定番の絵師さんの淫靡で美麗な表紙が目を引きますが、前半はかなり「骨太」な魔法少女もの。この手の魔法少女/変身ヒロイン物は、最初からヒロインたちの能力設定や関係が出来上がっている状態からスタートすることが多いが、この作品は「魔法少女コンビが出来上がるまで」を丁寧に描いている。

不思議な雰囲気の町に転向してきた美月と、その町の資産家令嬢・紗雪の出会いから、美月の魔法少女としての覚醒、街そのものが謎めいた雰囲気をかもしながらも、性格の違う2人の少女が距離を縮め、共闘するという骨太展開は、某ま●かを彷彿とさせる読み応え。

中盤以降はスライムに寄生されて自慰にふける展開から、美月は弟との、紗雪は父親との近親相姦えちぃを叩き込まれ、雪崩式に快楽に染め上げられていく。

姉弟プレイは、なんと弟が犬に変えられ獣姦プレイを兼ねているという重装構造。それだけに美月が「雌犬」と呼ばれる展開は、格別の悲壮感とえちぃさを引き立てています。雄犬状態の弟君から想いを告げられて、蕩けた頭で受け入れてしまう美月の姿がとりわけ秀逸。

一方の父娘プレイはスタンダードな行為ながら、箱入り令嬢が父親との行為の背徳感に打ちのめされながらも快楽に落とされていく様は文句なしのえちぃさ。

さらに要所での挿絵のクオリティは表紙で保証済みで、近親相姦の背徳的な快楽に染め上げられる2人の少女の蕩け顔は、実用度も満点。

前半では魔法少女物語としての完成度を、後半で獣姦と近親相姦での一点突破えちぃを楽しむ、二段構えの構成です。ラストでもラスボスの意外な正体と、完全な快楽落ちへのジェットコースターが用意され、シナリオとえちぃのバランスを取っています。シナリオがしっかりしている分、えちぃシーンは中盤以降が本番である点には注意。

挿絵が気に入り、魔法少女ものと背徳えちぃの両輪で楽しめる人なら、ぜひオススメ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]