電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > メガミクライシスVol.17

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

二次元ドリームレーベルから、闘うヒロインが徹底的に
堕とされまくる作品が満載のアンソロジーコミックスが登場!

今号の表紙は『雷の戦士ライディ』(原作:ZyX)!
原作ゲームの原画も手がけた和馬村政先生による
コミカライズ連載がいよいよクライマックスを迎えます!

その他の漫画ラインナップも充実の内容です!
高浜太郎先生の『対魔忍アサギ3』(原作:Anime LiLiTH)、
GEN先生の女軍人もの『Downfall Opera』、
ぱふぇ先生の催眠もの『学園退魔師 篠宮せつな』、
時丸佳久先生の異能バトル『灼光のアンチジェネシス』、
歌麿先生の不良っ娘ハーレム『ばんかラブ!』、
桐野いつき先生のくノ一拷問もの『捕縛くノ一陵辱の巻』、
科手黒先生の退魔師陵辱もの『凌乱百花』、
TAKE先生の妖狐寝取られもの『山狗姫』
などなどバラエティ豊かな作品が揃っています!

さらに電子書籍版の特典として表紙イラストの
デジタルピンナップJPGが付いてきます!

<表紙イラスト>
和馬村政

<漫画>
『雷の戦士ライディ ~破邪の雷光~』和馬村政 原作:ZyX
『対魔忍アサギ3』高浜太郎 原作:Anime LiLiTH
『Downfall Opera』GEN
『学園退魔師 篠宮せつな ~終わりなき白昼淫夢~』ぱふぇ
『灼光のアンチジェネシス』時丸佳久 原作:天草白
『ばんかラブ!』歌麿
『捕縛くノ一陵辱の巻』桐野いつき
『凌乱百花』科手黒
『山狗姫 淫虐の嫁入り』TAKE

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037079
ファイル名/ファイル容量
BJ037079.zip / 81.74MB (85708697Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

メガミクライシスVol.17の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「メガミクライシスVol.17」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ライディ完結!

2014年11月30日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

ヒロイン凌辱アンソロジー『メガミクライシス』の最終巻です。『メガミクライシス』掲載中の作品は、以降『ヒロインピンチ!』へと移行することになります。

今号では『メガミクライシス』以前の『闘姫陵辱』時代からの連載作『雷の戦士ライディ』がついに最終回を迎えました。原作ゲームの原画家である和馬村政によるこのコミカライズ作品ですが、今回はついに最終戦。ラスボスとの対決が描かれました。これまで登場した魔物娘たちが(ほぼ)全員再登場、ライディとともにボスに挑んだり、触手相手にアヘったりします。
最後の最後まで作画が乱れることなく、濃厚なエロと軽快なアクションシーンを備えた素晴らしい作品であったと思います。

個人的に注目したい作品は、女軍人拷問モノの『Downfall Opera』。ヒロイン凌辱系の漫画ではあしろうで意外と見かけない、鞭打ち、スパンキング系の描写があるのが良いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]