電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ミルクサキュバス おしかけ淫魔は純情乙女!?

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

ある日、一人暮らしの泰人の前に現れたのは、
美しいブロンドと豊満な胸を併せ持つ美少女サキュバスのライラ!
サキュバスなのに一途で純情な恋に憧れている彼女は、
泰人のことを「運命の人」と呼び、恋人にしてほしいと申し出て!?

お風呂でパイズリしたり、学園の屋上でシックスナインしたりと、
所かまわずご奉仕したがるライラに、快く精を吸わせてあげる泰人。
エッチをした後は、勢力回復効果のあるミルクを飲ませてもらい、
至れり尽くせりの生活を送っていた。

ただ、問題は精力を奪いすぎてしまう恐れがあるセックスだった。
当然処女のライラは、エッチでどれくらい精を吸ってしまうかわからず、
我慢していたのだが、泰人のシャツを嗅ぎながらオナニーをして、
その姿を見て興奮した泰人の押しに負けてついに処女を捧げることに!
騎乗位で泰人と結ばれ、そのまま膣内射精を受けるライラ。
ところが、あまりにも精を吸い過ぎて、泰人は気絶してしまい!?

ライラのミルクを飲んで勢力を回復したものの、
命の危険にさらされた泰人を心配し、
ライラはしばらくの間、エッチのお預けを宣言する。
自身の食事である、精力の摂取を制限してまで、
恋人を気遣うライラに対して、泰人が出した答えとは!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ036925
ファイル名/ファイル容量
BJ036925.zip / 9.37MB (9822565Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ミルクサキュバス おしかけ淫魔は純情乙女!?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件