({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年03月15日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
ファイル容量
17.45MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

絡み合う幾多の人間模様と、情欲に溺れる女の悲劇――。
とどまる事を知らない淫雨の如く、凌辱の輪廻は続いていく…。

夫・隆明の久々の帰宅に喜びを隠せない妻・ひとみだったが、
隆明が連れ帰ったのは、ひとみへの肛辱を尽くした熊沢だった。

「放してっ…やめてください! 正気なの…!? 夫が…すぐそばに夫がいるのよ!?」

隆明が席を外した隙を見て、ひとみに襲いかかる熊沢。
卑劣にも熊沢は、過去の自分との関係を夫に知られない為にと、脅迫めいた言葉も口にする。
同じ屋根の下に夫がいるという状況に困惑しつつも、
目の前に晒された熊沢の男根を、ただ咥え込む事しか出来ないひとみ。

「んふぅああっ…くふうううっ! やはあっ!!なかっ…中身吸わないでぇえ」

躊躇するひとみの下着を乱暴に剥ぎ取り、露わになった蕾に舌をねじ込む。
奥の奥まで侵蝕されていくような感覚に、体が呼び覚まされるようなおぞましい快感を思い出すひとみ。
果たして、この苛辣な肉欲から、ひとみは脱却できるのか――!?

名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!
めくるめく重厚な官能ドラマ第22話!!

「マガジンサイベリア Vol.061(BJ036804)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.061(BJ036804)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第22話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件