電子書籍 > 一水社 > 嬲り妻 第二話

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年03月11日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル

作品内容

■「そんな巨乳のお前が悪いんだ。それをこれからたっぷり教えてやるよ…」

■人妻コミック界のトップランナー【葵ヒトリ】の長編連載・第2回!
今回は、現在進行形の輪姦レイプに、ヒロイン人妻・繭子(マユ)の
封印されたJK時代をフラッシュバックさせる構成の妙を堪能しよう。

義兄の家からの帰り道、彼女を狙っていた男たち(→第一話ラスト参照)に気絶させられてしまったマユ。
気を失っている彼女に、封印していたJK時代のセンパイ彼氏の記憶が甦る。
スクール水着で美巨乳を必死に押し隠しスイミングキャップで髪を包んだマユが、
ドSなセンパイの言うがまま衆人環視の中で処女を奪われたあの記憶……。

ようやく意識を取り戻したマユは男たちに「夫がいるの…許して…」と嘆願、
夫に捧げた貞操のため、二本の肉棒を必死にくわえ、舐めすすり、爆乳でパイズリ奉仕するマユ。
しかし、男たちの猛り立つペニスは、情け容赦なくマユのとろとろになったアソコを狙う……。

「美少女革命 極 Road vol.07(BJ036229)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ036232
ファイル名/ファイル容量
BJ036232.zip / 20.64MB (21643523Byte)
注意事項
「美少女革命 極 Road vol.07(BJ036229)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「嬲り妻 第二話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件