電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > クリスタルセイバーミア 産卵淫辱に堕ちる戦姫

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

人間の女性に卵を産み付ける妖魔を倒すため、
クリスタルの力で変身し、クリスタルセイバーミアとして戦う柊水愛。
未熟ながらも妖魔から街を守っていた彼女のもとに、
敗北して行方不明になっていた先代クリスタルセイバーから産まれた
強力な妖魔――堕鬼が現れる。

クリスタルの力を存分に引き出せないスク水フォームの水愛は、
堕鬼の圧倒的な力の前に敗北を喫し、無惨にも処女を奪われ、
さらには妖魔の卵を産めるように子宮を改造されてしまう!
堕鬼の操る触手に何度となく絶頂させられ、子宮に卵を産み付けられる水愛!

このまま妖魔の苗床へと堕ちるしかないかと思われたその時、
クリスタルセイバーとしての真の力――ドレスフォームに覚醒し、
水愛は堕鬼を倒すのだった。

しかし、堕鬼に産み付けられた卵は浄化されていなかった。
クリスタルセイバーの力を吸って成長する卵に悩まされながら、
夜な夜な妖魔との戦闘を繰り返す水愛だったが、
倒したはずの堕鬼が再び現れて……!?
果たして水愛は無事に妖魔の卵を浄化することができるのか!?
それとも惨めに妖魔の卵を産んで産卵絶頂を晒してしまうのか!?
フェティッシュなスーツに身を包む戦士は惨めな苗床へと堕ちていく!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035189
ファイル名/ファイル容量
BJ035189.zip / 12.41MB (13011738Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「クリスタルセイバーミア 産卵淫辱に堕ちる戦姫」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

変身ヒロイン(3) 産卵(3) スクール水着(2)

おすすめ!変身ヒロイン産卵

2015年06月05日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

変身ヒロインを産卵陵辱する物語です。

Hシーン自体はとにかく産卵推しな感じで非常にいいです。
基本陵辱されるのは1人ですが、終盤にちょっとだけ違うキャラもいたりとか。
基本、変身状態でのシーンとなっています。

変身ヒロインや産卵などが好きな方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

エッチで、何処か熱い魔法少女もの

2015年02月09日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :


 基本エッチな話ですが、少しばかり熱い展開もあります。
 エッチ部分はかなり弩エロと言いますか。処女を奪われて、卵を植えつけられて、力を吸い取られていく、と怒涛の責めでヒロインに快楽を刻みます。
 個人的に描写は薄いんですけど、卵を植え付けられた状態で変身を解いたら大変な事に、と言う展開が好きでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

産卵×エネルギー吸引×変身解除

2014年02月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

二次ドリ期待の新星、火村氏の、「ピュアハート」に続く2作目。

「レズプレイ」「コスチューム汚し」に特化していた前作に引き続き、今回も変身ヒロイン物の基本線を押さえつつ、一定の属性・テーマに特化させた作品。

ずばり、テーマは「産卵」、「エネルギー吸引」、「変身解除」の3つ。

物語前半で卵を植え付けられながらも真の力(二段変身)を解放して宿敵を打倒、しかしっ公判では子宮に残った卵に容赦なくエネルギーを吸われていき、とうとう出産による快楽地獄へ堕ちたところで宿敵復活、変身も第一段階まで弱体化し・・・という流れ。
「変身解除」については、二段変身が解けて第一段階の「スク水フォーム」へと弱体化してしまう、という意味ですが、そのシーンはクライマックスということもあって、快楽攻めのボルテージは最高潮。圧巻です。

前作「ピュアハート」同様、ヒロインが怒涛の快楽の責めにあえぎながらもなかなか堕ち切らず、結果さらに凌辱のボルテージが上がっていき・・・という形で全編にわたってハードな攻めが繰り広げられていきます。

そんな中、中盤で二段変身を遂げて敵を倒し、自分の部屋へ戻って、子宮の卵から押し寄せてくる快楽に耐えるシーンが秀逸。前後にハードかつ終わりのない快楽攻めが控えているだけに、このシーンの悲壮感が際立っています。
常時変身して卵を抑え込まなくてはいけないのに、自室で誤って変身を解き、瞬間的に強烈な快楽に襲われて失禁してしまうシーンは、短くも出色の出来。

えちぃさもさることながら、全編にわたって、作者の変身ヒロインものに対する思い入れが伝わってくるようで、今後の可能性を感じます。その点では、「ユミエル」シリーズの黒井氏と通じるところがあるのかも。

「変身ヒロインが快楽攻めに叩き落される」このフレーズに反応した方は是非お試しあれ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]