電子書籍 > 竹書房 > 過ち、はじめまして。 2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年04月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数196
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

大学教授と不倫していた朝雛清代美と身体だけの関係を続けていた吉田だったが、
その不毛な関係に嫌気がさしていた。
そんな中、バイト先の井上芹菜と接近していき、吉田は彼女の真っすぐな想いに惹かれていく。
だが、夏休み明け、朝雛と教授との不倫が大学中に発覚するスキャンダルが起こり……。

「この関係に未来なんてなかった…」痛々しいほどの青春のリアルを描出した背徳的恋愛ドラマ、堂々完結!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ034337
ファイル名/ファイル容量
BJ034337.zip / 41.86MB (43891842Byte)

過ち、はじめまして。 2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「過ち、はじめまして。 2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!やはり、恋愛はタイミングである。

2014年10月27日  

このレビューは参考になった×1人


 そうとしか言えない、すれ違いの苦味と、成り行き任せの苦しさが描かれた後編でした。
 しかし、その中にも、彼が持った心の交流が次へのステップへと進んでいく力になっている。落ちどころは快いものではなかったわけですが、それが次への糧となる。
 それこそが「過ち」なんだろうなと、そう思わせる良い物語でした。痛みを伴った物語ですが、痛みを伴ってなお、良い物語と思わせるだけの力がありました。

 エロという点で言えば、彼が決断する直前の朝雛とのセックスが一番エロかったですね。堕ちていくところに耽美さがある。
 それだけにもう一つシーンを加えてほしかった気もするけど、物語としては一つに止めたことで良いテンポを保っているし、痛し痒しであるなという感想を持ちましたね。
 痛し痒しであるということは、つまり程よいということでもあるのですが。満腹というのは過剰ですから、本当にこの構成で良かったのだと思います。

 改めて、良い作品でした。自信を持ってお勧めできます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]