電子書籍 > 竹書房 > ベルベット・キス 1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年03月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数198
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「お友達って、そういう意味も含まれてるのか――?」
半ば騙される形で多額の借金を負ったしがない会社員・新田。
彼に提示された借金凍結の条件は、ミステリアスな美少女・花乃子の「友達」になること。
新田は気ままな花乃子に振り回され、やがて体の関係を持ってしまう――…。
謎と情欲が混ざり合う日々をエロティックに綴るドラマが開幕!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ033995
ファイル名/ファイル容量
BJ033995.zip / 27.62MB (28958477Byte)

ベルベット・キス 1の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ベルベット・キス 1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

金髪美少女に弄ばれる話

2017年05月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

借金を肩代わりしてもらう代わりに金髪の女の子に弄ばれる話です。

基本はソフトで甘めの話なので、「金髪」「年下」といった属性にびびっときた方にはオススメです。

また表紙を見てもわかるように絵柄がとても綺麗な作品ですので、そういった面でもオススメの作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

とても可愛い絵です

2016年09月07日  

このレビューは参考になった×0人

営業マンが仕事ミス→その対価としてカワイイ女の子の相手をする。というなんとも羨ましい内容の作品です。
ヌキ要素というところで言うと、あまり無いです。
が、話として普通におもしろいのでおすすめです。
調べたところ、4巻まであるようなのでとりあえず今後の展開に期待です!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

女の子に翻弄される作品

2015年03月21日  

このレビューは参考になった×1人


 社会人主人公が不意に背負ってしまったウン千万の借金のカタに、ヒロインの「友達」になることを強要される物語です。
 この巻では本当に翻弄されていて、まともに仕事もできない状況に追い込まれている彼が、少し心の交流を持つところで物語は閉じています。それにしても本当にイライラさせられるくらい主人公は振り回されていて、それだけにエロシーンでのある種の逆転的な状況(ヒロインはその時だけ妙に素直)は非常にエロい。
 表紙詐欺ということもなく、全編にわたって綺麗めの絵柄で、大変好みでした。ただ、その意味でエロシーンも全体的に綺麗なのは好みが分かれるかもしれませんね。綺麗すぎる、と感じる方もいるかもしません。

 物語的にはシンプルですし、それだけにエロシーンも十二分に楽しめるので(連載一回ごとにきちんとエロがあるのは、こうした作品では当然なのかな?)、総じて良い作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]