電子書籍 > 海王社 > 監獄スクールデイズ【第7話】堕ちた優等生

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年12月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数19
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

同じクラスのキモオタ・木森卓郎に監禁され凌辱の日々を繰り返す、優等生のまどか。
ネットでの公開調教からその事実を知った悪友の玉木は、
卓郎の悪事を黙認する代わりに、まどかの調教に参加するようになっていた。

「どうしてこうなった?コイツのせいでメチャクチャだ!!」

自分だけのモノだったまどかを横取りされた卓郎は、
玉木の好き勝手な行動を慎むよう詰め寄る。
そんな卓郎のご機嫌取りに玉木が用意した物は、超強力な媚薬だった――。

「どうしてこんなに気持ちいいのぉ…こんなの初めてぇ~」

媚薬の力で序盤からアナルフィストで悶え狂うまどか。
快楽に堕ちたまどかは、自ら卓郎と玉木の男根を交互に咥え込み、存分に舌を絡ませる。
そしてついには疼きの収まらない局部を晒し、求めるように誘い始め――。

「もっと激しく私を責めて…ネェみんなで一緒にイこ?」

優等生・まどかは、このまま快楽の底に堕ちていくのか――!?
徹底的に貶められる才女の運命は?
ハードコアの旗手・黒乃マサカドが放つ、鬼畜系バイオレンスエロス第7話!!

「マガジンサイベリア Vol.058(BJ032119)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ032127
ファイル名/ファイル容量
BJ032127.zip / 10.44MB (10949831Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.058(BJ032119)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「監獄スクールデイズ【第7話】堕ちた優等生」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件