電子書籍 > 海王社 > 恋愛ボランティア

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年12月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数29
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「恋愛ボランティア制度」の成立――。
女性において一定水準以上の容姿の優れた者は、
恋愛ボランティアとしての活動が義務付けされた。
これは有償のボランティアであり、つまり、社会が格差において富む者を
「売春婦」へと貶める事によって、格差を是正しようと考えたのである……。

――施行後――

二人の少女・ナナと和美。
制度に逆らうことはできず、恋愛ボランティアを行うものの、
そこには様々な葛藤や思いが存在していた。

断る事は許されず、いつでもどこでも誰とでも交わる日々。
実父の性処理用として、あるいは複数人による凌辱行為の対象として、
彼女たちは自らの責務を果たさなければならなかった。
ましてや好きな相手に想いを伝えることなど……。

独自の世界観で描かれる究極の肉便器エロス。
孤高のカリスマ「まよねーず。」ついにサイベリア参戦!

「マガジンサイベリア Vol.058(BJ032119)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ032123
ファイル名/ファイル容量
BJ032123.zip / 19.09MB (20021340Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.058(BJ032119)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「恋愛ボランティア」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件