電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 変身母娘ビューティクラフト 堕としあう母娘は悪に染まる

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

正義感の強い女子校生・海原渚と優しい女教師・海原湊の母娘は、
エネルギー生命体アタラクシアとエピクロスの戦いに巻き込まれる。
悪の生命体エピクロスの生み出した眷属に襲われた渚と湊は、
アタラクシアに『ビューティクラフト』に変身する力を与えられ、
悪の生命体エピクロスと戦うことになる!

渚――ビューティサニーは強大な力で眷属の怪人を圧倒するのだが、
隙を突かれて湊――ビューティカームが捕まってしまう!
カームを人質にされたサニーは、怪人に命じられるまま、
触手にその瑞々しい全身を愛撫されながら、
怪人のペニスにフェラチオ奉仕を行うのだった。

幸いにも、怪人に先に射精させることで浄化が可能なため、
怪人の浄化に成功したサニーは、何とか勝利を収めるのだが、
エピクロスを倒すことはできずに逃げられる。

母娘はエピクロスによる襲撃に備えるものの、
渚が部活の遠征で不在になっている隙を狙われ、
カームが怪人となった体育教師に陵辱されてしまう。
娘と同じく、爆乳を始めとした熟れた身体を
触手に愛撫されながら怪人の精液をかけられ、
さらには亡き夫と愛を交わした寝室で膣内射精を受けるカーム。
次第にその女体は、怪人の凄まじい肉欲の虜となり、
エピクロスに忠誠を誓うようになるのだった……。

悪の手先へと堕ちたカームと怪人の次の標的は、
もちろん、部活の遠征から戻ってきたサニーだ。
堕ちた変身フォーム――ラブネスカームとなった湊は、
サニーも堕とすべく、ふたなりペニスで娘の処女を奪う。

このまま渚もエピクロスの手に堕ちるかと思われたそのとき、
サニーは自分を犠牲にして、カームを浄化する。
浄化されたカームは力を発揮して怪人を浄化するのだが、
その代わり、サニーがエピクロスに連れ去られてしまう。

エピクロスによって悪堕ちさせられてサニーが、
今度はカームを堕とすため、襲ってくる……!
果たして、カームはサニーを助けることができるのか!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ031813
ファイル名/ファイル容量
BJ031813.zip / 10.73MB (11247691Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「変身母娘ビューティクラフト 堕としあう母娘は悪に染まる」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

悪堕ち→浄化→再悪堕ち

2014年01月06日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

あらすじを読んで、それだけ二転三転させると
話としてまとめるのは難しいのではないかと思っていましたが、きちんとまとまってます。
母娘が魔法少女にえらばれて云々という流れですが、基本活躍(体を張るのは)は母の方です。
そこさえOKであれば、魔法熟女モノとして楽しめることは請け合いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]