電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 秘密のデートは母親と

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「本当はだめなんだけど……ママが楽にしてあげる」

「聡君のもやもや、ママがなんとかしてあげる」
若く美しい母が自慢であり憧れである少年・聡は、
思いが高じて心の内を母にぶちまけたところ、
溜め込んだ精を手と口で発散させてもらえることに。
Eカップ豊乳でのパイズリ奉仕、むっちり美尻責めと
秘密の母子関係はどんどんエスカレートしていく!

<登場人物>
●来島 聡
(くるしま さとし)
若く美しい母・美里に禁忌の愛情を抱くマザコン気味の高校生。美里と二人暮らし。

●来島 美里
(くるしま みさと)
女手一つで息子を育てる聡の母。凛々しくも包容力のある三十代半ばの女性。
スポーツクラブに通っており、引き締まったウエストにEカップバストを持つ。

<目次>
序章 息子の視線の先には
第一章 ママの肌に輝く水滴
第二章 母の手と息子の手と
第三章 喪服の裾から覗く下肢の眩しさ
第四章 デートコースは羞恥の蜜に濡れて
第五章 職場の彼女の衣服の下で
第六章 夜に浮かぶは白き肌
終章 母の肌はなお白く

作品情報/動作環境

作品番号
BJ031764
ファイル名/ファイル容量
BJ031764.zip / 3.91MB (4104461Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「秘密のデートは母親と」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件