({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年03月03日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数50
ジャンル
ファイル容量
11.32MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「マリコ先輩ってイヤラシイんだね。自分で小説書きながら、こんなに濡らしちゃってさ…」
文芸部室で小説家志望の私が初めて書く、“官能小説”。
ソレは、処女の私が後輩の彼氏を寝取った体験を元にしたノンフィクション――。
隣室には他の部の人たちがいるのに、目覚めちゃった劣情は止まらない…。
私のカラダを這い回る彼の指、耳元に吹きかけられる熱い吐息、
イイところに突き立てられる硬いモノ…。
後輩の目を盗みながら、今日も部室でカレに激しく貫かれる私。
ダメ…そんなに深く突いたら、声が漏れてドアの向こうに聞こえちゃうよぉ…!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「マリコ先輩のノゾキ穴」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件