電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第20話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年11月16日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

帝都銀行支店長の青山は裏社会の顔役・仲谷の言うことを聞かず、
夫・隆明の会社を守るため自らの体を差し出すひとみの体を堪能し続けていた。

そんな青山に下された制裁は、彼の妻である由起江を奪われる事だった!
廃人寸前に追い込まれた由起江の元に現れた「ソドムの市」と名乗る男。
男は仲谷が遣わしたプロの調教師だったのだ!
淫らすぎる責めにより、由起江の身体は快楽へと飲みこまれていく。

ソドムの市の食指はひとみの姉・和恵にも向かい……。

女たちの運命はどうなってしまうのか――!?
名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!
めくるめく重厚な官能ドラマ第20話!!

「マガジンサイベリア Vol.057(BJ029823)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ029829
ファイル名/ファイル容量
BJ029829.zip / 16.3MB (17088950Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.057(BJ029823)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第20話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件