({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年02月10日
シリーズ名フェアリーズ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数158
ジャンル
ファイル容量
42.47MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

そこは、ボンデージを身にまとった美しい妖精たちがハンターとなり、昆虫や小動物たちの「異種交配」を取り締まっている森の中──。
可憐な新米ハンターのプフィルと勝ち気で淫乱なパミラは、今日も妖精の「蜜」を股間からほとばしらせるのだった……。
プフィルの身につけているものが次々に盗まれるという事件が発生。
ハンカチ、ソックス、ブラジャー、ブーツ……とくれば、次は当然パンティを狙ってくると踏んだパミラは罠を張る。
一方、穴ぐらの中では、一人の妖精がジジイモグラを相手に痴態を演じていた。
「見てわたしのいやらしいところ……ほらパンティがこんなに染みちゃって……」
その正体は……なんと、プフィル!?(ロリモグだァ!!の巻)
「んんっ…あっ!!」プフィルとパミラが互いのクリトリスをこすりつけ、
よがり声を上げていると、そこにトックリバチのメスがやってくる。
聞けば、卵を盗まれたからハンターのどちらかに捜索してしてほしい、とのこと。一人で出向いたプフィルだったが、
トックリバチにアソコを毒針で突かれ、麻痺状態のままエロハツカネズミの巣穴へ連れ去られてしまう……。(二十日鼠と人間の巻)
この他、ハツカネズミ、セミの幼虫、ザリガニ、リス、カマキリといった昆虫、小動物と交わる妖精を描いた全8編を収録!
鬼才・昆童虫が贈る昆虫フェチ×特濃エロスの傑作シリーズ、待望の復刻第二弾!!

注意事項

※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ボンデージフェアリーズvol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

妖精と小動物の戯れ

2014年03月05日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作を偶然見つけて読んでみて楽しかったため、つい買ってしまった今作。メインはもぐらとねずみでしょうか。
妖精ものといえば人間にオナホのように扱われる作品が多いですが、これは同じくらいの大きさの蟲や獣とするため見方が変わります。新ジャンルと思ったのですがこの作品が単行本で発売されたのが相当前であるため、こちらが妖精ものの元祖なのでは?と思うようになりました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]