電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 美熟母と僕 禁断の熟肌

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

家族旅行中の海で母・万里子の水着姿に劣情を抱いた幸希は、
衝動に任せて母の熟れた身体を抱いてしまう。

「お願い、幸ちゃん、抜いて。こんなこと許されないのよ」

その後、何事もなかったかのように日常生活を送る母子だが、
情交を結んだ親子の変化に気づいた人妻の静乃も交え、
次第に甘い禁断の相姦にはまっていく──。

<登場人物紹介>
●笹岡 幸希(ささおか こうき)
十○歳の高校生。真面目な性格だが、
欲望が強くなりすぎると衝動性が増すことも。

●笹岡 万里子(ささおか まりこ)
幸希の母親。母性的で豊満な身体つきの三十七歳。
シングルマザーとして苦労した経験があり、しっかり者。

●月島 静乃(つきしま しずの)
万里子と同じスポーツクラブに通う三十歳の人妻。
ざっくばらんで親しみやすい性格。抜群のプロポーションの持ち主。

<目次>
第一章 ママのビキニが眩しくて
第二章 知られた秘密と人妻の蜜壺
第三章 人妻の姦計と熟母の誘い
第四章 人妻の事情と熟母の決意
第五章 ママと二人 秘密の夫婦旅行

作品情報/動作環境

作品番号
BJ028196
ファイル名/ファイル容量
BJ028196.zip / 2.76MB (2892817Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「美熟母と僕 禁断の熟肌」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件