電子書籍 > 海王社 > 監獄スクールデイズ【第5話】暴走する豚野郎

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年09月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数19
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

変態エロキモオタ・木森卓郎に拉致監禁されている同級生・白咲まどか。
数々の凌辱を強いられた彼女に、さらなる屈辱的な調教が始まる――。

動画投稿サイトにアップされた目隠し、拘束具姿のまどかに奇妙な仮面を着けた卓郎。
何も知らされていないまどかは、カメラの前とも知らずに卓郎の思いのままに嬲り続けられ、
その痴態をさらしていく…。

「ひゃあ、らめぇえー!」

カメラの前で、強引に開かれたまどかの局部。
ヌルヌルとした愛液にまみれ、子宮口までもがくっきり映し出される。
興奮のあまり、浴びせられる卓郎の精液を拭うと、まどかの目の前には
閉鎖的な監禁用の地下倉庫と、電子音を微かに発するビデオカメラがあった。

「誰がこんな部屋!こんなカメラ気持ち悪い!!」

怒りと羞恥心から、抵抗するまどか。
しかしそんなまどかを卓郎が許すはずもなく…。
まどかの叫びとも喘ぎともとれる声が、ひんやりした空気の地下牢に響きわたる。
強制映像公開、69、フィストファックと、徐々に過激度を増す卓郎の恥辱に、
まどかはいつまで耐えられるのか――!?

徹底的に貶められる才女の運命は?
ハードコアの旗手・黒乃マサカドが放つ、鬼畜系バイオレンスエロス第5話!!

「マガジンサイベリア Vol.055(BJ027410)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027416
ファイル名/ファイル容量
BJ027416.zip / 7.11MB (7455046Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.055(BJ027410)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「監獄スクールデイズ【第5話】暴走する豚野郎」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件