電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > Agent Aila ~恥辱の潜入捜査~【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

とある製薬会社の違法な研究を暴くため、単身潜入する女捜査官アイラ。
手掛入手に成功するアイラだったが、
不意をつかれ目的の新型麻薬を注射されてしまい……。
薬による快楽に耐性をみせる女捜査官を、飢渇責めが追い詰める――。
朦朧とする意識に反して、身体は汚らわしい汁を求めだし
パイズリ陵辱する肉棒に舌を伸ばし
恥辱のおねだりをくちにしてしまうのだった。

※『女スパイアンソロジーコミックスVol.2』と
『乳辱の戦姫』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027368
ファイル名/ファイル容量
BJ027368.zip / 14.09MB (14779623Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Agent Aila ~恥辱の潜入捜査~【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件