電子書籍 > 一水社 > 白い、恋人v

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年09月15日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル

作品内容

「やらし~ そんなに我慢できないの? 処女なのに」

私、藍(あい)。悩みがあるの。この悩みのせいで今までは恋人とうまくいかなくって今も処女のまま。
その悩みっていうのがね…笑わないでね。その……私、陰毛に「白髪」があるの!
今夜も付き合っていた慎吾からSEX求められそうな雰囲気で、逃げ帰ってきたのよ。
でも、慎吾ったら、家まで追いかけてきて、強引にSEXを迫ってきて……。
しょうがないから、白髪のこと告白したら、慎吾ったら優しくかばってくれたの。
あ~思い切って告白して良かった。
でね、慎吾ったら私をお風呂場で後ろ向きにさせて、後ろからじ~とアソコを見るの。
白髪が見られちゃうのに、あそこにかかる慎吾の息づかいに
ゾクゾク興奮しちゃって、後から指で膣内をいじられただけで軽くいってしまったの。
もう、嬉しくて嬉しくて、最後に慎吾に後ろから挿入された時には、本当に絶頂を迎えてしまいました

大貫まくり得意の女性のリアルなお悩み相談コミック!
ここには、作り物ではない本当の女がいる。

「美少女革命 極 Road vol.06(BJ027289)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027296
ファイル名/ファイル容量
BJ027296.zip / 7.42MB (7777009Byte)
注意事項
「美少女革命 極 Road vol.06(BJ027289)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「白い、恋人v」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件