電子書籍 > 一水社 > ピンクスクリーン

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「よがってないで答えたまえ! 好きな体位はなんだと聞いてるんだ!」

女性キャラの肢体の艶っぽさ、そしてストーリーのとぼけた面白さで注目の蒟吉人の、レアなセーラー服女子校生もの。
一般向けの映画館からポルノ映画館に変わり、ついに営業不振で閉館することになってしまった映画館。
最終日だけは一般映画を上映するという話に、常連だった俺と、女子校生の彼女の二人だけが来館したのだった。
しかし、上映されてみれば、それは一般映画でなくポルノ映画!
しかも彼女は映画への感情移入が異常に激しいのだ。
ポルノ映画を見た彼女は激しく悶え始め、パンストのまま大股開きで大洪水に。
助けようとする俺だが、すっかり映画に感情移入した彼女はポルノ映画の淫らなセリフに呼応してしまう。
制服姿の濡れたパンストをびりびり破り、処女ま○こに挿入してしまう俺。
正常位から体面座位でなんとか中出しを避けようとするが……。

二人の濃厚エロシーンに、映画の猥○な言葉が絶妙にクロスする。
エロイのに面白い!? これぞ蒟吉人の面目躍如。

「美少女革命 極 Road vol.06(BJ027289)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027293
ファイル名/ファイル容量
BJ027293.zip / 8.8MB (9225075Byte)
注意事項
「美少女革命 極 Road vol.06(BJ027289)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ピンクスクリーン」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件