電子書籍 > 一水社 > 嬲り妻 第一話

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年09月15日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル

作品内容

「それから義兄はずっと…私の胸を嬲りつづけた……」

2012年度某サイト配信人気No.1の葵ヒトリが送る巨乳人妻寝とられ譚、開幕。

さえないメガネで美貌を隠すオクテの巨乳人妻・繭子(マユ)は夫の亮一から
「離婚して荒んでいる兄の家へご飯でも作って慰めに行ってやってくれ」と頼まれる。

しかし酔っ払った義兄は離婚した元妻と間違え、なんと繭子の巨乳を揉みしだき、嬲り、むしゃぶりつく。
最後まではされずに帰ったマユだが、夫に相談できるはずもない……。
後日、義兄からの電話——「オレ酒癖悪くて覚えてないが、なんか変なことしなかったか?」と謝罪され、
悪気がないなら…と義兄の寂しさにほだされ、酒を飲まない約束で、ふたたび食事を作りに行く繭子だった。
談笑するうちに「もうあんなことしないから」と乳房だけ見せてくれと懇願され、しぶしぶ上衣を脱ぐ。
すると揺らしてくれと懇願され……。

揺れる巨乳の重さ、質感、その匂いまで読者に伝わる最高の一篇。
着衣スマタで感じまくってしまう繭子の表情も最高にエロイです。さすが人妻コミック人気No.1!

「美少女革命 極 Road vol.06(BJ027289)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027291
ファイル名/ファイル容量
BJ027291.zip / 8.75MB (9178513Byte)
注意事項
「美少女革命 極 Road vol.06(BJ027289)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「嬲り妻 第一話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件