({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年09月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数57
ジャンル
ファイル容量
6.1MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

ヒロイン“平岡慶子”は、ごく平凡な専業主婦。夫と息子と、不自由のない生活を送っている。
“慶子”の一人息子である“平岡蒼太”には、“白石勇斗”という親友のがいる。
息子が小さな頃から家族ぐるみの付き合いで、よくお互いの家にも遊びに行く関係。
ある日、その“勇斗”が“慶子”の家にやってくる。
“蒼太”と遊ぶつもりだったようだが、“蒼太”は塾に行っていて留守であった。
折角だからと“勇斗”を“慶子”は家に上がっていくよう勧める。
お家に上げて、お茶を飲みながらお話をしている“慶子”と“勇斗”。
会話の流れから息抜きの話になり、“勇斗”はあっけらかんと「僕の場合は女性ですよ」と告げる。
その言葉に動揺した“慶子”は、慌てて席を外そうとするが、
逃がすつもりのない“勇斗”にあっさりと押し倒されてしまう。
“勇斗”の目的は、初めから“慶子”だったのだ。

「親友の母を目の前で中出し調教 vol.1~vol.3(BJ025959~BJ025961)」と内容の重複がございます。

注意事項

「親友の母を目の前で中出し調教 vol.1~vol.3(BJ025959~BJ025961)」と内容の重複がございます。

親友の母を目の前で中出し調教 全巻パックの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「親友の母を目の前で中出し調教 全巻パック」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件