({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

若妻は田舎に伝わる淫靡な儀式の餌食となる!

二十五歳の新妻・瑞穂は結婚を機に夫の田舎に移住するが、
そこに伝わる裏の風習によって村の男たちの共有財産として
セックス奉仕をさせられることに。

(嫌っ……夫以外の人のを、咥えるなんてっ……!)

毛だらけで好色な隣家の中年男や皺だらけのヒヒ爺村長らに
貞淑な若妻の豊満な肉体は貪られていく!


<登場人物>
●川崎 瑞穂 (かわさき みずほ)
二十五歳の新妻。
短い黒髪とGカップ巨乳が映える、清楚で温和な美人。
結婚を機に夫の田舎である稲盛村に引っ越してきた。

●畑野 彩香 (はたの あやか)
川崎家の隣家の人妻。
切れ長の瞳とグラマラスな体形があいまって妖艶な雰囲気を醸す三十六歳。
数年前に瑞穂と同じく結婚後に稲盛村に引っ越してきた。

●川崎 正一 (かわさき しょういち)
瑞穂の夫。
子供の頃から稲盛村に住んでいた。

●郷田 (ごうだ)
毛深くがっちりした体形の、好色な四十過ぎの男。
川崎家の、畑野家とは逆側の隣に住む。

<目次>
第一章 強いられたフェラチオ奉仕
第二章 過ちの一夜に盗まれた貞操
第三章 宴の席で背徳の3P
第四章 熟妻は淫らな性奴隷
第五章 終わらない輪姦祭り
第六章 夫の前で捧げられた新妻
エピローグ 恥辱の風習

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「恥辱の風習 捧げられた新妻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

非日常感が良かったです

2014年01月29日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

民俗学的な田舎の風習を舞台にしているので、非日常感のあるプレイが繰り広げられます。
ただ、基本的には強引なプレイですので、儀式の怪しい雰囲気などに過度な期待はしないで読んでください。
状況に流されて屈服していく感じが楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]