電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > イチャプリ 憧れの姫騎士さまとラブ修行

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

サーハイランド王国王女のレイチェルは美しくありながら、
戦場で武勲を立てる程の姫騎士としてその名を馳せているお姫様。

そんなお姫様に憧れて騎士団に入団した新米騎士のテッドは
お姫様による騎士団の稽古の際に婚約者になることを賭けて勝負を申し込む。
その結果、手ひどく負けてしまったもののレイチェルに認められ、
側仕えとして彼女のお屋敷で働くことに!
妖艶な魅力を持つ女将軍のルーシアとメイドのミレイ、
そして憧れのレイチェル様……美少女3人に囲まれた生活が始まる!

「自分よりも強い男としか結婚しない」と言うレイチェルと結ばれるため、
夜に剣の修行に打ち込んでいるテッドのもとに、ルーシアがやってくる。
彼女は女性をリードする特訓と称して、その爆乳を揉ませ、
そのまま騎乗位でテッドの童貞を奪うのだった!

ルーシアから剣と女性の扱いを教えてもらうテッドだったが、
メイドのミレイはテッドを姫に相応しい紳士に育て上げようと、
やはりエッチな特訓を申し出てくる。
メイドさんのフェラチオ奉仕やパイズリ奉仕を受け、
そして最後は正常位でエッチまでさせてもらう。

さらにはテッドを自分で育てたいルーシアとミレイは、
どちらが教育係として相応しいかを決めるため、
ダブルパイズリをしてきたり、エッチに誘惑してきたり!?

その一方で、剣の腕はまだまだだけれど、
まっすぐ自分に好意を向けてくれるテッドのことが
徐々に気になり始めたレイチェルはテッドに自分の想いを告げ、
ついに二人は結ばれることに!
いつもは凛々しいお姫様も、エッチのときは甘々で、
処女を捧げてきてくれる!

その後も、恋人としてイチャイチャの日々を送るのだが、
ある日、テッドはレイチェルのお屋敷から追い出されてしまい!?
果たして身分違いの恋の結末は!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ026677
ファイル名/ファイル容量
BJ026677.zip / 16.71MB (17523868Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「イチャプリ 憧れの姫騎士さまとラブ修行」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

3人のヒロインとエロ修行

2013年08月26日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

単独ヒロインっぽい表紙絵やタイトルですが、あらすじを見れば分かる通りヒロインは姫騎士・女将軍・メイドの3人います。一応、姫が本命ですが、作中の扱いにほとんど差はありません。エロシーンは順に、女将軍・メイド・3P・姫・姫・4Pと回数が多目で、物語とエロの比重ではエロ寄りな構成です。
姫は凄腕の騎士で「自分より弱い男とは結婚しない」と公言しており、実際に縁談相手と試合をおこなって断った過去があります。主人公は新米騎士で、将来はともかく現時点では全く歯が立ちません。なので、そこをどう解決するかが物語としての核になりますが、エロ寄りなこともあって割とあっさりしていました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]