電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > Girlsbar PinkPompadour【単話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

クールなバーテンダーとして、常連客である篤の誘いをかわし続ける蘭。
しかし、彼の後輩である冬樹とアフターしたことを
ライバルであるモニカに見つかってしまう。
篤からの株を上げたいという彼女の提案を受け入れ、
蘭はミニスカボディコン姿で、バーテンダーの務めを果たすことに。
シェイカーを振るたびにブルンブルンと巨乳は揺れ、
見られることへの刺激で勃起した乳首はついにポロリ!
さらにカクテルへの特製ミルクとして、アナル丸見えの
尻振り露出オナニーを強制され、その愛液まですすられてしまう。
多くの視線に晒される羞恥の中、蘭はその興奮と性臭に酔っていく…。

※『強制露出アンソロジーコミックスVol.2』と
『秘色シークエンス』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ026625
ファイル名/ファイル容量
BJ026625.zip / 12.85MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Girlsbar PinkPompadour【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件