({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年08月17日
シリーズ名Angel Crisis
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数23
ジャンル
ファイル容量
9.51MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

ある夏の日にひとりの少女の運命を変える不思議な出来事が起こる――。

田舎に帰省してきた詩織は、従姉の恵と裏山にある湖畔で無邪気に水遊びを楽しんでいた。
水の中をはしゃぎながら走り回るふたりだったが、
その拍子に詩織のお気に入りのサンダルが片足を外れ、渓流に流されてしまった。
おもむろにそれを追う詩織だったが、深い轍に足とられ、次の瞬間には濁流に飲まれていた。
その行く先に「彼」がいるとも知らずに――…。

「ヒィイィ…ッ!! …っだ! だれかァァ!!」

暗い洞窟内に響き渡る詩織の悲鳴!
その傍らには、この世のものとは思えぬ姿形の生物が――!?

「おねが…い。わ…るかったから許して…ください。いや…らめ! あッあッ…!!」

鋭い視線と大き過ぎるくちばし。触手の如く詩織の体を這いずりまわる長い舌。
まだ清らかな詩織の下半身は、艶かしく熱を持ち唾液とも愛液ともとれる潤滑油に脈を打つ。
言葉とは裏腹に、体をかけめぐっていく初めての快楽の感触…。
色欲とは無縁であろう純白の下着に滑り込まされた異物に詩織の抵抗も空しく――…。

「いやァァァァ―――!! …やァァ!! らめェ―――!!」

触手! 強制種付け!
ダークエロスのカリスマ・乱満が描くインモラル異種交配の宴再び!!

「マガジンサイベリア Vol.054 (BJ026350)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.054 (BJ026350)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「Angel Crisis ~静かな湖畔の森の陰から~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

綺麗な絵の2色刷り

2017年08月03日  

このレビューは参考になった×0人

少女も可愛く、体付きも良いです。
カッパも良く書けていて、緻密とも言える。
最初は少しギャグっぽいところもあったのだが、セックスが始まると、シリアスになる。
エロいのだが、どこか詩文的にも感じる。
ラストは意外とシュールでした。
キャラクターだけでは無く、背景も味わい深く感じた。
何か、全体に温かみを感じる絵柄に好感を持てた。
それでいて、やはり、カッパの造形に誤魔化しが無いのが、このマンガの独特の雰囲気になっていると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]