電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 幼なじみが天然すぎて性奴隷になるといいだした件

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

人の言うことを簡単に信じてしまう幼なじみの紗良。
彼女に対し、嘘をついてからかう日々を過ごす久瀬大和。

そんなある日「胸を揉まれれば嘘を見抜けるようになる」という
とんでもない嘘を紗良が信じてしまい、大和は彼女の胸を揉んでしまった。
すぐに「嘘だ」とばらそうとしたものの、ノリノリな紗良は
その豊満な胸を差し出してきて、ついつい大和は揉んでしまう。

そのことを聞いた紗良のクラスメートたちは、
彼女に、大和は女の子を性奴隷にしたいと考えていて、
彼の性欲を発散させないと他の女の子を襲ってしまう、と吹きこむ。
それを信じてしまった紗良は、大和が女の子を襲わないように、
「自分が性奴隷になる」と言い出して!?

タイミング悪く、友達から押し付けられた陵辱系のAVを
見ているところを見られてしまい、勘違いを激しくした紗良は、
大和の性欲を発散させようと、フェラチオ奉仕をし始め、
AVと合わせて動きを激しくし、最後には精液を飲んでくれる!

フェラチオまでされた大和は紗良と顔を合わせにくくなるが、
それでも紗良の勘違いはまだまだ続き、
逃げても逃げても行くところを読まれて先回りされてしまう。
そんな大和を「女の子を襲おうとしている」と勘違いした紗良は、
今度はその巨乳でパイズリ奉仕をしてきて……!?

紗良にエッチなことをしてもらっているうちに、
彼女への恋心に気づいた大和はついに告白を決意する!
果たして嘘がきっかけで関係が変わってしまった二人の結末は!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ026304
ファイル名/ファイル容量
BJ026304.zip / 8.51MB (8921722Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「幼なじみが天然すぎて性奴隷になるといいだした件」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!コンセプト通りに楽しめる作品

2013年08月17日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ヒロインの紗良は嘘をコロッと信じてしまう天然で、幼馴染の主人公はしょっちゅう騙してからかっています。そんなある日、またも嘘を信じたヒロインの、胸を揉むことになります。
騙してHなことをするというとロクデナシみたいですが、内心の葛藤描写で高校生男子の「性欲には勝てない」感じが出ていて、むしろ共感できました。
直後に反省もするので、普通ならこれでお終いとなるはずの話ですが、ヒロインの友人達が面白半分(応援半分)に嘘を教えて煽るおかげで、主人公の手の届かぬところで事態がエスカレートしていきます。
さすがに本番行為まで嘘絡みでしちゃうと感じ悪いですが、それは無いので安心しました。
全体として、コンセプト通りに天然ヒロインの突拍子もない言動が面白く、コミカルで楽しめる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]