({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年08月06日
シリーズ名邪香学園~理性を狂わすアロマと疼き R1
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数37
ジャンル
ファイル容量
4.23MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

主人公・荻島慎司が、この学園に臨時教諭として赴任して三ヶ月。
学園の生徒会長である『天宮栖実花(あまみや すみか)』に振り回され、胃の痛い日々を送っていた。
栖実花は理事長の孫にして、校長の娘。一見非の打ち所が無いのだが、その性格に難があった。
幼い頃から、わがままを許されてきた栖実花は、自らの意見を決して曲げない身勝手な性格に育っていたのだ。
慎司が気に入らないらしく、赴任以来何かと攻撃的な栖実花。
しかし、理事長の権威により、慎司は抗う事も出来ずにいた。
栖実花がもたらすストレスと戦い続ける慎司。
唯一の安らぎは、自作の香によるアロマテラピー。
慎司には薬品を調合しては、様々な効果を持つ香を作り出す趣味があったのだ。
そんなある日、ついに限界が訪れる。
そのきっかけとなったのは、慎司にとって、唯一の趣味とも言える香の調合への侮辱であった。
それは、栖実花にとっては些細な事であったが、慎司にとってはすべてを否定されたような気持ちであった。
そして、心に誓った。栖実花には、相応しい罰を与えてやると。
栖実花が馬鹿にした香の力によって……

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「邪香学園~理性を狂わすアロマと疼き R1 vol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件