電子書籍 > 妄想ブックス > にゃんこのしつけ vol.4

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年08月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数29
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

大学に通い、書店でアルバイトをしながらも、密かに悪魔教を学んでいる青年、城岡裕弥。
彼はとある書物で、悪魔を召還する方法を見つける。
深夜、魔法陣を描いて召還の儀式を行う。魔法陣が光り、ついに悪魔召還か!?
……と思いきや、召還されたのは、一匹の白猫だった。
召還が失敗したことに嘆く裕弥。すると召還した猫が話しかけてくる。
猫は人間の女の子の姿となる。彼女は名をニーコと名乗り、悪魔には及ばないものの、高位の使い魔だという。
ニーコは元の世界に帰ろうとするが帰ることが出来ない。
魔力の流が切断されてしまっていて、魔界との繋がりがなくなってしまっている様子だ。
俺には関係ないと追い出そうとする裕弥だが、ニーコは潤んだ瞳で「捨てないで」と懇願してくる。
その姿に惹かれた裕弥は住むことをOKし、ニーコと同居することになった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ025969
ファイル名/ファイル容量
BJ025969.zip / 2.97MB (3117225Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

にゃんこのしつけ vol.4の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「にゃんこのしつけ vol.4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件