電子書籍 > 海王社 > 奇跡のザー汁【第6話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年07月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数21
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

どんな女性でも即座にメロメロ!?奇跡のザー汁を持つ男・鳴尾浜一盛。
「まさか…!?ザーメンの効果が消えた!?」

相変わらずキレイだが性格のキツイ年下上司・亜里沙に怒られてばかりの一盛。
一時はザー汁効果で一盛に夢中になり、その童貞卒業の相手にもなった亜里沙だったが、
彼女にはその記憶がなく、今日も強気の猛攻撃。

そんな亜里沙を苦々しく見つめる一盛だったが、
部長に呼び出しをくらい何やら説教をされている様子の亜里沙に、
少し同情してしまう一盛だったが、そんな亜里沙に「飲みに付き合え」と命令されて…?

「待てよ…泊まってイケよ……。」

すっかり酔い潰れた亜里沙をラブホテルで休憩させようとした一盛に、
いつもの亜里沙からは考えられないお誘いが――!!

ザー汁なしで、この展開にどうする一盛?
誤魔化しナシのガチSEXで、強気女上司が啼きまくる!

「もっと…もっと激しく――!!もっとオ○ンコいじめてェン!!」

エロマンガ界のカリスマ・伊駒一平が放つ異色の新シリーズ待望の第6話!
奇跡のザーメンがもたらす、淫らで濃厚な驚愕エロス!!

「マガジンサイベリア Vol.053(BJ025644)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ025647
ファイル名/ファイル容量
BJ025647.zip / 13.09MB (13725152Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.053(BJ025644)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奇跡のザー汁【第6話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件