({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年07月20日
シリーズ名アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~(単話)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
ファイル容量
18.77MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

逆らえず、抗えず、無情にもエクスタシーは繰り返す。
もう「見えない支配」から逃れられない――。

数々の痴漢を撃退し、最強の女と称されたアリサ。
キモオタ・鎌田の強制操作によって体の自由をスマホで封じられ、
復讐を企てた男たちに体を散々に弄ばれる。
電車内に響く振動と、アリサの不規則な息遣いが男たちをより大胆な行動へと掻き立てる。

「アソコはどうなっているのかな?」

緩められたベルトの間から滑り込まされた指先に、
アリサの自制とは反対に溢れかえってしまった愛液が絡む。
くちゅくちゅと厭らしい音を立て、その度にアリサの体も、
電流が駆け抜けるような快感に襲われた。

「さぁこれで、しばらくの間イケない体の完成だ」

男たちによって体をまさぐられ続けるアリサだったが、
その様子を傍観していた鎌田は、非情にもスマホから次の指令を下す。
快感は蓄積され、絶頂に達せなくなったアリサの体はもはや極限を超えて……。

女格闘家とキモオタ男、交わるはずのない男女が交錯する先は――。
帝王・クリムゾンが放つ至高のエキセントリックエロス、第8話!!

「マガジンサイベリア Vol.053(BJ025644)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.053(BJ025644)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~【第8話】迫る無数の手と得体のしれない快感」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件